ログイン  
   
ホーム 委員会組織 ニュース 活動報告 用語説明 論文集 リンク 問い合わせ
isab2010.com

isab2010.comへのリンク
出版物

二関節筋 - 運動制御とリハビリテーション
出版物

ヒューマノイド工学―生物進化から学ぶ2関節筋ロボット機構
新聞に掲載されました

日本経済新聞
(2007年9月14日版)
新聞に掲載されました

日刊工業新聞
(2004年11月8日版)


投稿者: webmaster 投稿日時: 2012-7-5 9:50:06 (4913 ヒット)

生体機構に学ぶ運動制御協同研究委員会は以下の通りシンポジウムを開催することといたしました。
入場無料で事前参加登録の必要はございません。
関連分野の皆さまにおかれましては是非とも御参加の御検討をお願い申し上げます。

シンポジウム「ヒトの筋肉を科学する 〜二関節筋のサイヤンス〜」

日時: 平成24年8月5日(日)
会場:慶應義塾大学新川崎タウンキャンパス K2ハウス1F大会議室
〒212-0054 神奈川県川崎市幸区小倉144-8
【開催案内pdf】
http://www.k2.keio.ac.jp/access.html
交 通:JR横須賀線 新川崎駅下車 徒歩10分
     JR南武線  鹿島田駅下車 徒歩15分
主催: 電気学会産業応用部門 生体機構に学ぶ運動制御協同研究委員会
後援:慶應義塾大学新川崎先端研究教育連携スクエア、川崎市経済労働局、川崎市産業振興財団
[慶應義塾大学 掲載サイト]

概要:
 少子高齢化が急速に進行していく中で、我々の日常生活を私的かつ身体的にサポートすることができる運動支援機器やロボットなど、高度な人間支援システムの開発への期待がより一層高まっています。しかしながら、人間の生活環境に対して十分に自律的に適応でき、人間との協調動作が満足に遂行できるようなシステムは未だ実現されていません。それに対して、ヒトを含む生体は長年の進化の過程を経て、複雑な環境への適応性と柔軟性を獲得してきました。
したがって、生体の筋骨格構造と身体機能との関係を解明し、人と触れ合い人を助けるシステムへの応用を目指した研究が広く行われています。そして、このような生体の機構と機能に関する学際的な研究は、リハビリテーションなど医療福祉分野に対しても革新をもたらす可能性があると大きく期待されています。
 このような背景から本セミナーでは、ヒトの筋肉と身体機能との関係に焦点を当て、生体機構学、保健医療学、電気工学など様々な分野の研究者や産業界のエンジニアの方々をお招きしてご講演頂きます。特に、近年の理工学的な最先端研究によって徐々に明らかになってきた、二関節筋(二つの関節に跨って作用する筋)が果たす重要な役割と必要性について議論を展開します。

   
【プログラム】
13:00
  開催挨拶

13:05−13:45
  講演「二関節筋の存在意義・必要性 〜二関節筋研究の現状と課題について〜」
  熊本 水頼 先生 (京都大学・名誉教授)

13:45−14:45(オープンディスカッションを含む)
  講演「リハビリテーションと二関節筋」
  福井 勉 先生 (文京学院大学保健医療技術学部・教授)

14:45−15:00
  休憩

15:00−16:00(オープンディスカッションを含む)
  講演「運動の二面性と工学的実現」
  大西 公平 先生 (慶應義塾大学理工学部・教授)

16:00−17:00(オープンディスカッションを含む)
  講演「二関節筋を活用した自動車の運転操作革命 〜ツインレバース テアリングの開発〜」
  田島 孝光 様 ((株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター・主任研究員)

皆様の参加を心よりお待ち申し上げます。
(代理発信:辻)


投稿者: webmaster 投稿日時: 2011-2-21 15:43:23 (4629 ヒット)

会員各位


 公開シンポジウム「生体機構に学ぶ運動制御」を3月8日に開催いたします。本シンポジウムは生体筋骨格の概念を導入した新しい生体機構制御の理論体系を紹介するものであり、制御工学、電気工学、機械工学、進化学、生物学の諸分野の研究者にとって学際的な情報交換、議論の場になると期待されます。
本シンポジウムは3月8,9日に千葉工業大学で開催される産業計測制御研究会(外部リンク)の併設行事として同じ場所にて開催されます。研究会および本シンポジウムへの事前参加登録は不要です。どなたでも,自由に無料で参加できますので、多くの方々のご参加をお待ち申し上げます。(研究会の聴講についてはこちらの電気学会のウェブサイト(外部リンク)をご覧ください。)

【日時】 平成23年3月8日 9:50-15:00
【会場】 千葉工業大学 
(千葉県習志野市津田沼2-17-1, 交通: JR総武線(総武快速&各駅停車))
津田沼駅徒歩1分。千葉工業大学津田沼キャンパス6号館1F
  (電気学会産業計測制御研究会の併設行事として開催)
【募集参加者数】 60名(当日申込)
【参加費】 無料
【プログラム】

 9:50  開会挨拶 大西公平新委員長

10:00 「Development of the Next-generation Steering System (Development of the Twin Lever
Steering System)」
田島孝光(本田技術研究所)

10:30 「Redundancy Resolution based on Infinity Norm for Bi-Articular Actuated
Manipulators」
Valerio Salvucci, Yoichi Hori(The University of Tokyo)

11:00 「単・二関節筋同時駆動ロボット四肢の運動制御 -----工学者が見て何が良いのか?」
古関隆章(東京大学)

11:30 「機能発現としてのモーションコントロール」
大西公平(慶應義塾大学)

12:00  昼休み

13:00 「BiCCOMロボット技術の現状と将来展望 」
小田高広(沖電気工業)

13:30 「一関節筋・二関節筋協調制御の科学基礎と生物学への応用」
三宅力(慈恵会医科大学)

14:00 「生体運動制御機構の基礎 ―妙なる生体を計算する―」
熊本水頼(京都大学)

14:30 総合討論


 【主催】 電気学会産業応用部門 産業計測制御技術委員会
 【問い合わせ先】辻 俊明 (埼玉大学)



投稿者: webmaster 投稿日時: 2010-12-15 22:20:39 (5074 ヒット)

精密工学会 生体機構制御・応用技術専門委員会
委員・会員各位

2011年1月14日(金)に下記の通り第20回研究例会を開催いたします。




続き... | 残り3265バイト | コメントする

投稿者: webmaster 投稿日時: 2010-3-30 16:04:16 (2090 ヒット)

精密工学会 生体機構制御・応用技術専門委員会
委員・会員各位

2010年4月23日(金)に下記の通り第19回研究例会を開催いたします。



第19回研究例会開催のご案内

共催:慶應義塾大学グローバルCOEプログラム

情報・電気・電子分野「アクセス空間支援基盤技術の高度国際連携」

主題: 「四肢構築因子と動物運動制御機能特性」
    “How motion control properties are affected by animal limb architectural factors?”

会期: 2010年4月23日(金) 13:30〜18:00

場所: 慶應義塾大学 日吉キャンパス建物番号10番1階シンポジウムスペース
〒223-8521 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1

【最寄駅】
・東急東横線、東急目黒線
・横浜市営地下鉄グリーンライン
 日吉駅下車、徒歩1分
日吉キャンパスマップ
 


<研究例会プログラム>

13:30  開会挨拶 三宅  力:慈恵会医科大学

招待講演
13:40  “Evolutionary biomechanics of size, anatomy and locomotion in terrestrial vertebrates”
          ○Dr. John Hutchinson:Royal Veterinary College, UK

14:50〜15:00 休憩

例会講演
15:00  “Adaptation to suspension in the forelimbs of inverted quadrupeds”
「逆さ四足歩行動物の前肢におけるぶら下がり適応」
          ○藤原 慎一:東京大学総合研究博物館
15:40  “Analysis of functionally different effective muscles on walking and standing-up motion
with forward dynamics simulation”
「順動力学における歩行・起立運動での機能別実効筋活動の解析」
          ○畠  直樹:沖電気工業株式会社
16:20  “How animal movements are affected by changes in their link parameters?”
「動物の動きの特徴と四肢リンクパラメター」
          ○呉  世訓・犬塚 則久:東京大学

17:00 閉会、引き続きDr. Hutchinsonを囲んで談話懇親
18:00 解散


参加申込方法
こちらの参加申込み用フォーマットをご利用頂き,事務局までE-mailでお送り下さい.

 問合先
  E-mail:nikansetsu@gr.saitama-u.ac.jp
  URL: http://www.air-dawn.net/

申込期限
当日,会場での参加申込も可能です.



投稿者: webmaster 投稿日時: 2010-2-15 21:14:02 (2412 ヒット)

精密工学会 生体機構制御・応用技術専門委員会
委員・会員各位

2010年2月27日(土)に下記の通り第18回研究例会を開催いたします。

続き... | 残り2734バイト | コメントする

投稿者: webmaster 投稿日時: 2010-2-8 17:52:05 (2130 ヒット)

精密工学会 生体機構制御・応用技術専門委員会
委員・会員各位

2010年2月27日(土)に下記の通り第5回総会を開催いたします。

続き... | 残り921バイト | コメントする

投稿者: webmaster 投稿日時: 2009-11-2 11:01:39 (1855 ヒット)

精密工学会 生体機構制御・応用技術専門委員会
委員・会員各位

2009年11月28日(土)に下記の通り第17回研究例会を開催いたします。

続き... | 残り3096バイト | コメントする

投稿者: webmaster 投稿日時: 2009-7-27 18:12:10 (2663 ヒット)

精密工学会 生体機構制御・応用技術専門委員会
委員・会員各位

2009年8月22日(土)に下記の通り第16回研究例会を開催いたします。

続き... | 残り2773バイト | コメントする

投稿者: webmaster 投稿日時: 2009-5-26 18:07:15 (2417 ヒット)

精密工学会 生体機構制御・応用技術専門委員会
委員・会員各位

2009年5月28日(木)〜30(土)に東京国際フォーラムで行われる第44回日本理学療法学術大会に本委員会も出展いたしますのでお知らせいたします。


リンク:第44回日本理学療法学術大会サイト

展示ブース番号 :
6番 株式会社ナックイメージテクノロジー
7番 本委員会(BiCCOM教材開発小委員会)



展示ポスターをダウンロード


投稿者: webmaster 投稿日時: 2009-4-14 18:29:38 (2409 ヒット)

精密工学会 生体機構制御・応用技術専門委員会
委員・会員各位

2009年4月25日(土)に情報交換輪読会を開催いたします。

続き... | 残り2073バイト | コメントする

(1) 2 3 »





Copyright 2004 - 2010 by AIR-DAWN.NET  |   |  Design by 7dana.com