第17回研究例会 開催のご案内

投稿日時 2009-11-2 11:01:39 | トピック: イベント関連

精密工学会 生体機構制御・応用技術専門委員会
委員・会員各位

2009年11月28日(土)に下記の通り第17回研究例会を開催いたします。

第17回研究例会開催のご案内


趣旨:本委員会はヒトや動物特有の運動制御機能特性に深く関わる、二関節筋を含めた二関節筋
力学体系の機能特性の解明と、その機能的特性の次世代ヒューマノイドロボット、ヒューマンイ
ンターフェイス等の領域への実用化応用技術開発を目的とし、2005年2月より16回の定期研究
例会を開催してきました。第17回例会では,「古生物の運動特性を探る可能性」を主題と致しま
した。最近の化石情報は私どもの想像を超えて豊富であり、運動制御機能特性を論議するに足る
のではと期待を抱かせます。来年の国際シンポジウムを控え関連領域の広がりを予感させます。

主題: 「古生物の運動特性を探る可能性」
会期: 2009年11月28日(土) 13:00‐17:45
場所: 東京電機大学神田キャンパス 7号館9階7902室
〒101-8457 千代田区神田錦町2−2
      【最寄駅】
      JR:御茶ノ水駅(中央線・総武線)徒歩8分
        神田駅(山手線・京浜東北線)徒歩8分
      地下鉄:淡路町駅(丸ノ内線)B7出口・徒歩3分
        新御茶ノ水駅(千代田線)B7出口・徒歩3分
        小川町駅(都営新宿線)B7出口・徒歩3分
        神保町駅(半蔵門線・都営三田線)A7出口・徒歩8分
        神田駅(銀座線)1番出口・徒歩8分
        竹橋駅(東西線)3B出口・徒歩8分
      アクセスマップ:こちらのリンク先の地図をご確認下さい


<研究例会プログラム>

13:00  開会挨拶  司会:三宅 力(慈恵医科大学)
第一部:「恐竜が語りかけるもの」
招待講演
13:05 「恐竜研究の最近の動向」
○真鍋  真:国立科学博物館
招待講演
14:00 「絶滅四肢動物の前肢姿勢復元」
○藤原 慎一:東京大学総合研究博物館
14:50 「Link parameterの新たな展開」
          ○藤川 智彦:大阪電気通信大学
15:25  休憩
第二部:「四肢動物祖先魚類(肉期類)が語りかけるもの」
招待講演
15:40 「現生肉鰭類シーラカンスの生態的特徴」
          ○岩田 雅光:(財)ふくしま海洋科学館
16:20 「四肢動物祖先魚類(肉鰭類)の解剖学的特徴と進化史的意義」
          ○三宅  力:東京慈恵会医科大学
17:00 「Nashner strategyの見直し」
          ○松田 雅弘:了徳寺大学
17:35  次回研究例会およびISAB2010について
閉会挨拶 熊本 水魄儖長
18:00  懇親会 於学士会館(会費:¥3,000) 

 

参加申込方法
こちらの参加申込み用フォーマットをご利用頂き,事務局までFAX,または,E-mailでお送り下さい.

 問合先
  E-mail:nikansetsu@pu-toyama.ac.jp
  URL: http://www.air-dawn.net/

申込期限
当日,会場での参加申込も可能です.







Institute of Biomechanical Control (IBMC)にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://air-dawn.net

このニュース記事が掲載されているURL:
http://air-dawn.net/article.php?storyid=32