総括解散総会報告と御礼

投稿日時 2011-1-19 13:29:15 | トピック: その他

精密工学会生体機構制御・応用技術専門委員会各位



寒さ厳しい中、各位には御健勝にて御精励こととお慶び申し上げます。
さて、2004年10月の設立準備総会並びに二関節筋実利用Work shop、翌2005年2月
第1回研究例会以来20回の研究会を重ね、昨年は国際シンポジウムISAB2010を成
功裡に終え、大きな節目を越えることが出来ました。これを機に本委員会を総括
解散して次なる発展的展開を図ることを、去る1月14日の総会にて諮りました
が、異議無く承認されました。このことを先ずは御報告申し上げまして、今まで
の本委員会への多大なる貢献と御支援に心からの感謝の念を表します。誠に有り
難う御座いました。

さて、本委員会は解散致しますが、今までの成果を踏まえ、電気学会に「生体機
構に学ぶ運動制御協同研究委員会」(委員長:大西公平;慶應義塾大教授)を設
置して継続的に基礎研究・技術応用を精力的に展開して参ります。皆様方には引
き続いて御参画、御助力下さいますようお願い致します。また、併行してNPO法
人生体機構研究会(理事長:熊本水頼)を組織再編強化して啓蒙普及を担当する
ことにしております。併せて御協力賜りますようお願い申し上げます。

熊 本 水 頼
精密工学会 生体機構制御・応用技術専門委員会 委員長
事務局E-Mail:nikansetsu@gr.saitama-u.ac.jp
個人E-Mail:RXG05012@nifty.com
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx



Institute of Biomechanical Control (IBMC)にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://air-dawn.net

このニュース記事が掲載されているURL:
http://air-dawn.net/article.php?storyid=43