第3回研究例会 開催のご案内

投稿日時 2005-7-4 23:15:35 | トピック: イベント関連

精密工学会 生体機構制御・応用技術専門委員会
委員・会員各位

2005年8月27日(土)に第3回研究例会を開催いたします。
詳細は以下を参照ください。


精密工学会
生体機構制御・応用技術専門委員会
委員各位
会員各位

        第3回研究例会 開催のご案内


委員長 熊本水
(京都大学名誉教授、蠏彁士漏惴Φ罐札鵐拭叱槎筺


1.趣旨
 本委員会はヒトや動物に普遍的に存在する「二関節筋」の機能解明と共に、次世代ヒューマノイドロボット、ヒューマンインターフェイス等への実用化応用技術開発を目的とし、2005年2月より定期研究例会を開催して今回で3回目となります。
第3回例会では「2関節筋発生過程、6億年のときを通じて考えよう、その存在意義を」をメインテーマに取り上げ、現生の動物の四肢リンク機構を支配する協調制御のメカニズムは古生代動物を支配した拮抗筋制御が6億年をかけて進化した所産であることに思いを致し、ハード、ソフトの両領域に於ける実用化応用例を紹介します。関連諸領域の気鋭の研究者・技術者のご参加をお待ちしております。

2.第3回研究例会主題
「2関節筋発生過程、6億年のときを通じて考えよう、その存在意義を」

3.会期 2005年8月27日(土)14:00〜18:00

4.場所 東京電機大学神田キャンパス7号館4階7401室(メディア教室)

5.参加申込方法
参加申込み用フォーマットをこちらからご利用頂き,事務局までFAX,または,
 E-mailでお送り下さい.

6.問合せ先
  精密工学会生体機構制御・応用技術専門委員会事務局
  〒350-0394埼玉県比企郡鳩山町石坂
  東京電機大学理工学部知能機械工学科斎藤研究室内
  TEL:049-296-2911 FAX:049-296-6544
  E-mail:nikansetsu@saitolab.n.dendai.ac.jp
    URL: http://www.air-dawn.net/

7.申込期限
  2005年8月26日(金)※当日,会場での参加申込も可

8.プログラム

14:00     開会

14:00〜14:10 開会挨拶 副委員長 熊井 規(計算力学研究センター)

14:10〜14:40 【招待講演】「システム結合に基づく生体機構の一表現法」
         ○大西公平,辻 俊明(慶應義塾大学)

14:40〜15:10 【招待講演】「魚類のS字運動と推進力のなぞ―渦法流体解析による解明―」     
         ○亀本喬司(横浜国立大学),小島 成(CMH)

15:10〜16:00 【基調講演】「6億年に裏付けられた協調制御モデル」
         ○熊本水頼(京都大学名誉教授)

16:00〜16:10 <休憩>

16:10〜16:30 【報告】「協調制御モデル―「二関節筋装備型ロボットレッグ」」
         ○小田高広,鴇田 守,門田健志,鈴木健也,深井善朗,島田耕吉(沖電気工業)

16:30〜17:00 【報告】「協調制御モデル―ヒト実効筋力評価」
         ○知念盛久(RCCM)、角田壱歩(大阪電通大)、橋本不二雄(大阪電通大)、
          藤田義彦(JIP)、石井慎一郎(神奈川県立保健福祉大)、熊本水頼(RCCM)

17:00〜17:15 【紹介】「筋骨格モデルシミュレーションシステムSIMM−最新情報−」
         ○藤田義彦(JIP)

17:15〜17:45 【報告】「協調制御モデル―FEMSによる運動解析」
         ○角田壱歩・市谷浩一郎・橋本不二雄(大阪電通大)、知念盛久(RCCM)

17:45〜    閉会挨拶 委員長 熊本水頼(京大名誉教授)
        次回第4回例会ご案内 運営委員 田島孝光(本田技術研究所)

18:00     閉会



Institute of Biomechanical Control (IBMC)にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://air-dawn.net

このニュース記事が掲載されているURL:
http://air-dawn.net/article.php?storyid=8