ログイン  
   
ホーム 委員会組織 ニュース 活動報告 用語説明 論文集 リンク 問い合わせ
isab2010.com

isab2010.comへのリンク
出版物

二関節筋 - 運動制御とリハビリテーション
出版物

ヒューマノイド工学―生物進化から学ぶ2関節筋ロボット機構
新聞に掲載されました

日本経済新聞
(2007年9月14日版)
新聞に掲載されました

日刊工業新聞
(2004年11月8日版)


ホーム > 用語説明 > M > Muscle coordinate system : 筋・骨格系リンクモデル 用語説明
頭文字で閲覧
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z | Other | すべて
カテゴリで閲覧
カテゴリ:

印刷用フォーマットで印刷 この専門用語を友達に送る Muscle coordinate system : 筋・骨格系リンクモデル

定義:

 ロボットの運動解析と作業効果の関係を計算して検証するために3次元直交座標系を設置するが、生体四肢の運動もリンク(骨格)機構運動と見なして、この計算座標系を適用して生体運動を工学的に解析可能とした。生体側のリンク座標系の関節にモーターを設置した従来型のロボット機構の関節出力特性の評価のために関節座標系(Joint coordinate system)が設置され、関節モーターに代わって筋を想定したものが筋座標系(Muscle coordinate system)である。ところが旧来の生体工学は二関節筋を計算座標に取り込むことを怠ってきたため、従来の筋座標系には一関節筋しか搭載されていない。そのため、一関節筋座標系によって作業空間に設置された作業座標系(Task coordinate system)で評価された出力分布は4角形で、生来拮抗二関節筋を保有しているヒトの作業座標系で評価される6角形出力分布とは異なる。筋座標系と言えば本来一関節筋と共に二関節筋を搭載すべきものなのである。

| この登録語は個別に 2280 回参照されました.





Copyright 2004 - 2010 by AIR-DAWN.NET  |   |  Design by 7dana.com