ログイン  
   
ホーム 委員会組織 ニュース 活動報告 用語説明 論文集 リンク 問い合わせ
isab2010.com

isab2010.comへのリンク
出版物

二関節筋 - 運動制御とリハビリテーション
出版物

ヒューマノイド工学―生物進化から学ぶ2関節筋ロボット機構
新聞に掲載されました

日本経済新聞
(2007年9月14日版)
新聞に掲載されました

日刊工業新聞
(2004年11月8日版)


ホーム > 用語説明 > P > Phase difference control of antagonistic pair muscles : 位相差拮抗筋制御 用語説明
頭文字で閲覧
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z | Other | すべて
カテゴリで閲覧
カテゴリ:

印刷用フォーマットで印刷 この専門用語を友達に送る Phase difference control of antagonistic pair muscles : 位相差拮抗筋制御

定義:

 ヒト四肢のリンク機構では拮抗二関節筋と両端の関節の拮抗一関節筋群、合計3対の拮抗筋配置に対して拮抗筋制御を実現できる制御回路を位相差を付けて3個連結し、出力方向を指令する単一の入力信号によって任意の出力方向制御を可能にするものである。機械モデルによる再現実験によって証明済みである。協調制御に同じ

| この登録語は個別に 2123 回参照されました.





Copyright 2004 - 2010 by AIR-DAWN.NET  |   |  Design by 7dana.com