ログイン  
   
ホーム 委員会組織 ニュース 活動報告 用語説明 論文集 リンク 問い合わせ
isab2010.com

isab2010.comへのリンク
出版物

二関節筋 - 運動制御とリハビリテーション
出版物

ヒューマノイド工学―生物進化から学ぶ2関節筋ロボット機構
新聞に掲載されました

日本経済新聞
(2007年9月14日版)
新聞に掲載されました

日刊工業新聞
(2004年11月8日版)


ホーム > 用語説明 > M > Man-Machine Interface : マン・マシンインターフェース 用語説明
頭文字で閲覧
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z | Other | すべて
カテゴリで閲覧
カテゴリ:

印刷用フォーマットで印刷 この専門用語を友達に送る Man-Machine Interface : マン・マシンインターフェース

定義:

 任意の作業を実行する目的で使用者が機械へ指令を伝え、機械の状態を使用者へ伝える双方向に介在する中継機を指す。使用者に誤操作・混乱が生じないように適切に設計される必要があり、安全性の議論において最も重要な部分である。特にヒトの四肢リンク機構には生来拮抗二関節筋が存在するのに対して、現行の機械リンク機構には二関節同時駆動アクチュエータは配置されていない。このアクチュエータ配列の差違がもたらす出力特性、制御機能特性の違いに注意することが肝要である。

| この登録語は個別に 1972 回参照されました.





Copyright 2004 - 2010 by AIR-DAWN.NET  |   |  Design by 7dana.com