ログイン  
   
ホーム 委員会組織 ニュース 活動報告 用語説明 論文集 リンク 問い合わせ
isab2010.com

isab2010.comへのリンク
出版物

二関節筋 - 運動制御とリハビリテーション
出版物

ヒューマノイド工学―生物進化から学ぶ2関節筋ロボット機構
新聞に掲載されました

日本経済新聞
(2007年9月14日版)
新聞に掲載されました

日刊工業新聞
(2004年11月8日版)


ホーム > 用語説明 > I > Inverse dynamic analysis, or Inverse kinematics : 逆運動力学的解析法 用語説明
頭文字で閲覧
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z | Other | すべて
カテゴリで閲覧
カテゴリ:

印刷用フォーマットで印刷 この専門用語を友達に送る Inverse dynamic analysis, or Inverse kinematics : 逆運動力学的解析法

定義:

運動力学というとき身体運動関連領域では動力学(Dynamics)と静力学(Statics or Kinematics)を併せ含めている。例えば実効筋力から跳躍距離を算出するのは順運動力学(Direct dynamics)で、その逆に跳躍距離から筋出力を算出しようとする計算方法が逆運動力学(Inverse dynamics)である。また実効筋力からベクトル計算で系先端出力を計算するのはDirect kinematicsで、その逆に系先端出力からそれを生み出した実効筋力をベクトル計算で求めるときInverse kinematicsと称する。何れにせよ機械力学体系のように二関節同時駆動力源を持たない力学体系では何ら問題は起こらない。しかし拮抗二関節筋が参画して生み出した生体パフォーマンスについて二関節筋を組み込んでいない機械系関節座標系で逆運動力学的に、動的にしろ静的にしろ、計算したのでは誤りを犯すことになる。しかしながら今までこのような計算結果をパフォ−マンス向上にフィードバックしても問題が起こっていないのは人体の筋出力レベルを任意に正確に制御することはほとんど不可能に近いために誤魔化されていたに過ぎない。

| この登録語は個別に 2901 回参照されました.





Copyright 2004 - 2010 by AIR-DAWN.NET  |   |  Design by 7dana.com