Antagonistic pair muscles control : 拮抗筋制御

カテゴリ:
投稿者: webmaster

Antagonistic pair muscles control : 拮抗筋制御


 複数筋束からなる拮抗筋の片方の筋の活動レベルが漸減的に下降するとき、それに応じて拮抗するもう一方の筋の活動レベルが漸増的に上昇する現象がヒト上肢の拮抗筋群が出力方向を制御しているときの筋電図所見から見出された。この現象を実現できる神経回路は、いわゆる拮抗筋抑制回路を複数組み合わせることで脊髄レベルに構築可能であることが見出された。これは機械モデルによって工学的に再現可能であることが証明されたので拮抗筋制御と定義した。

投稿日時:  Thu, 06-Nov-2008, 05:49